ガスコンロの交換・取り替え

「火が付かなくなった」「見た目が古くて嫌」「汚れがこびりついてお掃除が大変」「魚を焼くのに水を入れるのが面倒・・・」。使えなくなったから交換する人もいれば、まだ使えるけれども最新のデザインや機能を搭載したコンロに替えてみたい、という人もいるなど、ビルトインガスコンロを交換する理由は様々です。

ここでは、最新ビルトインガスコンロへの交換を検討する時に参考となる、基本的な情報を配信しています。

ガスコンロの種類

ガスコンロは、設置方法の違いにより「ビルトインコンロ」と「テーブルコンロ」の2種類あります。

ビルトインコンロ(組込み型) テーブルコンロ(据置き型)
ビルトインガスコンロは、キッチンに組み込むタイプのコンロ テーブルガスコンロは、キッチンに据置きするタイプのコンロ
システムキッチンに組み込むタイプのコンロです。一戸建てや分譲マンションなどの持ち家に多く見られます。各メーカーの商品ラインナップも豊富です。 キッチンにそのまま置くタイプのコンロです。賃貸や築年数の古い物件に多く見られます。各メーカーの商品ラインナップは少なめです。

ガスコンロのメーカー

ガスコンロを製造する国内メーカーは、「リンナイ」、「ノーリツ」、「パロマ」の3社です。

リンナイ ノーリツ パロマ

「品質こそ我らが命」を理念に、重要な部品を自社で開発し、国内工場で製造。

専用のグリル調理器「ココット」やレシピ本などで、料理シーンの充実を訴求。ミドルグレードからハイグレードの機種を中心に人気が高い。

女優の堀北真希さんを起用したCMでもおなじみ。HARMAN(ハーマン)はノーリツの子会社。

スマホのように操作する「スマートコンロ」や、グリルの使い方を変える「マルチグリル」など、斬新な発想も。

ビルトインコンロよりも、テーブルコンロで知名度の高いメーカー。

リンナイ・ノーリツの2強と比較すると、商品ラインナップは少ない。

関連記事はこちら

ガスコンロのおすすめメーカーは? >

リンナイ ビルトインガスコンロの特徴とおすすめ機種 >

ノーリツ ビルトインガスコンロの特徴とおすすめ機種 >

パロマ ビルトインガスコンロの特徴とおすすめ機種 >

ガスコンロのグレードと価格帯

一番気になる価格ですが、ビルトインガスコンロは意外と高いです。主要商品を、メーカーの希望小売価格(税別)ベースで見てみましょう。

グレード リンナイ ノーリツ パロマ
ハイグレード リンナイ ビルトインガスコンロ デリシア3Vデリシア3V
265,000円〜
ノーリツ ビルトインガスコンロ プログレプログレ
291,600円〜
パロマ ビルトインガスコンロ クレアクレア
268,000円〜
ミドルグレード リンナイ ビルトインガスコンロ リッセリッセ
210,000円〜
ノーリツ ビルトインガスコンロ ピアットピアット
216,000円〜
パロマ ビルトインガスコンロ フェイシスフェイシス
205,000円〜
スタンダード リンナイ ビルトインガスコンロ マイトーンマイトーン
135,000円〜
ノーリツ ビルトインガスコンロ ファミファミ
149,040円〜
パロマ ビルトインガスコンロ ガラス・ハイパーガラストップガラス・ハイパーガラストップ
135,000円〜
ベーシック リンナイ ビルトインガスコンロ メタルトップメタルトップ
71,800円〜
ノーリツ ビルトインガスコンロ メタルトップメタルトップ
73,000円〜
パロマ ビルトインガスコンロ スタンダードトップスタンダードトップ
オープン価格

販売店や商品によって割引率は異なりますが、おおよそ20〜50%程度が相場のようです。

関連記事はこちら

焼き網がない!?新発想のノーリツ「マルチグリル」 >

天板の種類

天板の種類は複数ありますが、現在の主流はガラストップです。

ガラストップ ガラスコート ホーロー
ガスコンロの天板(ガラストップ) ガスコンロの天板(ガラスコート) ガスコンロの天板(メタルトップ)

現在主流となっている強化ガラス素材の天板。スタンダードグレード以上のガスコンロはほぼガラストップ。

見た目の高級感があり、掃除もしやすい。販売店も、必ずといっていいほどオススメしてくる。

ガラス素材のため、強い衝撃を加えるとひび割れの可能性あり。割れると修理費用が高いので、取り扱いには注意。
※Google画像検索で、「ガラストップ 割れる」と入力すると、参考画像を見ることができる

ホーロー用鋼板をカラーコートとクリアコートでコーティングした天板。

リンナイは「パールクリスタル」、パロマは「ハイパーガラスコート」という名称。ノーリツにはない。

ガラストップのような見た目と、ホーローの強さを兼ね備えている。

バランスのとれた天板だが、採用されているのは、スタンダードグレードの一部機種のみ。

昔は主流だったが、今はベーシックグレードの安い機種のみに採用されている。

ガラスではないため、割れる心配がない。

ただし、素材としての高級感はなく、色も選べない。汚れもこびりつきやすく、落ちにくい。

この他に、ステンレストップ、アルミトップなどもあります。

ごとくの種類

ビルトインガスコンロのごとくは、2種類あります。

ステンレスごとく ホーローごとく
リンナイ ビルトインガスコンロ ステンレスごとく リンナイ ビルトインガスコンロ ホーローごとく

ステンレスごとくは、ミドルグレード以上のガスコンロに付いていることが多い。

明るい色で、一見よさそうに思えるが、加熱するとすぐに焼色が付いてしまい、汚れたように見えてしまうことも。

ステンレスクリーナーで掃除をすれば、ある程度変色を防げるものの、完璧ではない。

現在も、こちらのホーローごとくが主流。

見た目の色が濃いため、汚れや加熱による変色が目立ちにくい。

長年使うと、味が出てくる。

関連記事はこちら

ガスコンロの五徳(ごとく)はステンレス?ホーロー? >

その他のガスコンロ関連記事はこちら

都市ガスvsプロパンガス(ガスの種類の違い) >

ガスコンロの火がつかない時の対応方法 

ガスコンロのSiセンサー(安全装置)とは? >

スポンサーリンク
Adsense_336×280
Adsense_336×280