TOTOの便器防汚技術「セフィオンテクト」の実力は?

TOTOが特許を持つ「セフィオンテクト(CeFiONtect)」は、便器表面をナノレベル(100万分の1mm単位)でツルツルにして、汚れを付きにくく、落ちやすくする防汚技術です。他社を圧倒する超平面平滑を実現したセフィオンテクトの特徴をまとめてみました。

各トイレメーカーの便器素材&防汚技術

最新トイレ(便器)の防汚技術は、TOTOのセフィオンテクト、LIXIL(INAX)のハイパーキラミック&プロガード、パナソニックの有機ガラス系新素材と、各メーカーで異なります。

どのメーカーも、自社の昔の便器と比べて、防汚技術は優れていて、汚れにくく、汚れも落ちやすいとアピールしています。

そのため、「本当に汚れにくいのか?メリットばかりアピールしているが、デメリットはないのか?どのメーカーがよいのか?」といった疑問を持たれる方も多いかと思います。

TOTO、LIXIL・INAX、パナソニックそれぞれ、便器の素材や防汚技術(表面処理技術)に違いがあります。

  TOTO LIXIL(INAX) パナソニック
便器の素材 陶器 陶器 有機ガラス系新素材
表面処理技術 セフィオンテクト ハイパーキラミック
プロガード

TOTO、LIXIL・INAXの便器は、一般的にも馴染みのある「陶器製」です。業界の中では、パナソニックのトイレだけが、「有機ガラス系新素材」という特殊な樹脂で作られています。

このページでは、TOTOの「セフィオンテクト」に焦点を当てて取り上げています。

TOTOのセフィオンテクトとは?

TOTOの便器は陶器製です。通常、衛生陶器はトンネル窯で時間をかけて焼き上げますが、素焼きのままだと表面が粗く、衛生陶器としては使い物になりません。そのため、釉薬(ゆうやく又はうわぐすりと読みます)という薬品を陶器表面に吹きつけてから焼成します。そうすると、陶器の表面がガラス質で覆われ、表面が平滑になり、耐水性が増します。

TOTOの「セフィオンテクト」は、便器を専用窯で焼くときに、釉薬の上に、0.2mmの特殊なガラスをさらに焼き付けることで、陶器の表面を100万分の1mm単位で超平滑にし、さらに表層にイオンパワー(マイナスに帯電)を発生させる、表面処理技術です。

セフィオンテクトはTOTO特許技術のため、他社は真似ができない

セフィオンテクトの開発当時、釉薬とガラス質の最適な組み合わせを見つけるために、2000種類を超える試作品を焼いたそうです。このセフィオンテクトは、TOTOが特許を取得している技術で、現時点で他社は真似ができません。

陶器表面を100万分の1mm単位で超平滑に仕上げることができるのは、現時点ではセフィオンテクトだけです。日本だけでなく、アメリカ、ヨーロッパ、アジア諸国でも特許を取得しています。

セフィオンテクトはナノレベル(100万分の1mm単位)で超平面平滑を実現

セフィオンテクトで加工された陶器の表面の凹凸は、ナノレベル(100万分の1mm単位)でツルツルになると言われています。凹凸が無いため、汚れが引っかかりにくく、水で洗浄するときれいになる、ということです。また、親水性で水に馴染みやすいため、便器全体に水が行き渡り、汚れを浮かして落としやすくなります。

LIXIL・INAXのハイパーキラミックはμm(1000分の1mm単位)で平滑なので、便器の陶器表面の平滑さでは、TOTOのセフィオンテクトの方が優れています。尚、パナソニックの有機ガラス系新素材は、表面平滑に関するデータは公開されていません。

大腸菌やサルモネラ菌などの細菌の大きさは約1~5μm(1000~200分の1mm)、ノロウイルスなどのウイルスの大きさは約10nm~100nm(10万~1万分の1mm)と言われていますが、100万分の1mm単位で平滑であっても絶対に付着しないということではありません。セフィオンテクトもハイパーキラミックも、定期的に掃除をしないと黄ばみや黒ずみが発生しますので、過信は禁物です。

実験では、セフィオンテクトの効果が100年近く継続

セフィオンテクトで焼き付ける0.2mmの特殊なガラスにより、便器表面の平滑が、実験上は100年近く継続することが確認できたようです。あくまで実験上の結果ではありますが、実使用においても長期間効果が持続する可能性が高いと言えるのではないでしょうか。

セフィオンテクトの抗菌性は?

さらに、イオンパワーによって陶器表面上はマイナスに帯電することで、水垢の汚れとなるシリカや、黒ずみ・尿石の発生原因となる細菌が水中では電気的にマイナスになるため、マイナスに帯電しているセフィオンテクト陶器表面と反発し、汚れにくくなるようです。

TOTOによると、イオンパワーでシリカや細菌を防ぐとのことですが、LIXIL(INAX)ハイパーキラミックのSIAAマークやISO22196準拠、パナソニック有機ガラス系新素材の水アカ付着試験のような、客観的・定量的なデータがないため、セフィオンテクトの抗菌性について、現時点では評価のしようがありません。

アルカリ性・酸性洗剤や研磨剤での掃除はNG

取扱説明書に記載されている通り、セフィオンテクトの効果を長持ちさせるために、アルカリ性洗剤、酸性洗剤、フッ素系洗剤、金属ブラシ、研磨剤付きのブラシは使用禁止とのことです。防汚効果が見込まれなくなりますので、必ずトイレ用中性洗剤を使うようにしてください。

ブラシについては、研磨剤なしのものであれば、ナイロン製でもPP製でも特に問題はないようですが、念のため柔からなPP製ブラシを使った方がよいかもしれません。

セフィオンテクトを搭載した主要トイレ一覧

セフィオンテクトは、TOTOの最新トイレ(便器)に標準搭載されています。

【セフィオンテクトを搭載した主要トイレ一覧】
ピュアレストQR
ピュアレストEX
ピュアレストMR
GG、GG-800
ネオレストAH・RH・DH
ネオレスト手洗器付(ワンデーリモデル)
レストパル
レストパルF

まとめ

TOTOのセフィオンテクトは、衛生陶器の表面処理技術の中で、便器表面を100万分の1mm単位でツルツルにする圧倒的な超平面平滑を実現しています。LIXIL・INAXのハイパーキラミックのように、陶器の「抗菌」や「硬度」に関する公表データはないものの、「平滑さ」で圧倒的に優位に立つセフィオンテクト。

単体で使うのも悪くないのですが、上位機種に搭載されている「きれい除菌水」と組み合わせると、汚れが付きにくい超平面平滑の陶器に除菌効果が加わるため、オススメです。ぜひ検討してみてください。

失敗しないトイレリフォーム

10年、20年に一度のトイレリフォーム。費用も安くないので、絶対に失敗したくないものです。

以下のページでは、商品の選び方から工事業者の探し方まで、ユーザーとして知っておきたいトイレリフォームに関する情報を掲載しております。ぜひご参考になさってください。

スポンサーリンク
Adsense_336×280
Adsense_336×280