トイレ掃除の天敵!便器にこびりつく黒ずみの落とし方と予防

公衆トイレ、特に普段ほとんど掃除がされていないトイレでは、ほぼ間違いなく便器に黒ずみがあります。せっかくの真っ白な便器に、ところどころ黒ずみがあると、汚いトイレだな…と気分が暗くなってしまいます。さらに水アカとくっつくと、どれだけこすっても落ちないことも。トイレ掃除の天敵「黒ずみ」の予防方法と、万が一こびりついた時に黒ずみを落とす方法についてまとめました。

トイレ(便器)の黒ずみの原因は?

トイレの黒ずみの原因は、カビや雑菌と言われています。黄ばみの原因は尿石ですが、黒ずみの原因は意外と複雑です。こびりついた尿石が黒ずんでしまうこともあるようです。

黒ずみといえば、人の鼻にもできてしまいます。ホコリや皮脂、古くなった角質などが毛穴に詰まることで毛穴が広がり、毛穴の影が黒く見えるようです。毛穴の詰まり以外にも、鼻に生えているうぶ毛による黒ずみや、毛穴にできたシミによる黒ずみなど、こちらも原因は複雑です。

いずれにしても、便器の黒ずみは、カビや雑菌、水垢が便器表面に付着し、蓄積することで発生します。毎回水で洗浄しても、掃除をサボると黒ずみが出てしまいます。

トイレ(便器)の黒ずみの予防方法

便器に黒ずみがつき、そのまま放置しておくと、トイレブラシと洗剤で掃除をしても黒ずみが落ちなくなる場合があります。便器に黒ずみが付かないように、日頃から予防することが肝心です。

定期的に水を流し、便器を掃除する

公衆トイレのように、たくさんの人が毎日使う便器は汚れやすいのですが、ほとんど使わないトイレも汚れやすいです。

例えば、戸建てで1階、2階のいずれにもトイレがある家では、いずれかのトイレを日常で使用し、もう一方のトイレはほとんど使わないことが多いかと思います。意外なもので、1日1回程度しか使わないトイレでも、気づいたら便器の水たまり部分に黒いリング(黒ずみ)ができたりします。

毎日頻繁に使っていると、便器が少し汚れてきた時にも早く気づき、結果として掃除もこまめに行うことで、カビや雑菌の繁殖を防ぐことができます。あまり使わないトイレは、便器が汚れてきても、そもそも「使う回数が少ない=汚れに気づくチャンスが少ない」ので、掃除の回数も少なくなってしまいます。

また、トイレの使用頻度が少ないと、便器ボウルの水たまり部分に貯まっている水に雑菌が繁殖し、黒ずみなどの汚れにつながることもあります。水道水の保存期間は、保存条件や季節にもよりますが、おおよそ3~5日のようですので、1週間以上トイレを使用していない、という場合は注意が必要です。普段使用頻度の少ないトイレであっても、もったいないかもしれませんが、定期的に水を流して、便器ボウルの水たまりの水を入れ替えるとともに、カビや雑菌の繁殖を防ぐため、できれば2、3日に1回、少なくとも週1回は、便器の掃除をした方がよいかと思います。

トイレスタンプクリーナーを使う

トイレスタンプクリーナー(ジョンソンのスクラビングバブル)は、ジェルの洗剤をトイレにスタンプすれば、後は便器の水を流す度にジェルが溶けて便器内を掃除してくれる便利な商品です。トイレの使用頻度によりますが、約1週間に1回スタンプすれば良く、掃除の回数が減るという口コミが多いです。ただし、香りが付いていて、その香りが苦手という口コミも多いです。

また、洗浄穴が一つで水流をグルッと回して洗浄するような最新トイレであればよいのですが、フチ裏の多数の洗浄穴から水が出てきて流すタイプのトイレでは、スタンプの周辺しか効果が見込まれないようです。

トイレタンク洗浄剤を使う

トイレタンク洗浄剤は、タンクの上に置くタイプと、タンクの中に入れるタイプがあります。小林製薬の「ブルーレット」が有名です。タンクの水に、洗浄成分の入った洗剤を予め溶けこませることで、毎回水を流すたびに便器内が洗浄されます。便器の水たまり部分の水が青くなっているトイレを見たことのある方もいるかと思いますが、あれはトイレタンク洗浄剤を使っています。

注意点としては、詰まりの原因となる可能性があることです。特に固形でタンク内に入れる洗剤の場合、完全に溶けきる前に、便器の洗浄穴に落ち込んで詰まってしまう場合があります。また、TOTOの代表的なタンク式組み合わせトイレ「ピュアレストQR」の取扱説明書には、「芳香洗浄剤などを使用しない」との注意書きがあります。内部器具を傷め、止水不良などの不具合のおそれがある、とのことです。

トイレ(便器)の黒ずみの落とし方

予防できれば一番良いのですが、万が一便器に黒ずみが付いてしまった場合はどうすればよいのでしょうか。トイレの黒ずみの落とし方をまとめてみました。

トイレ用中性洗剤で落とす

初期の段階であれば、トイレ用中性洗剤とブラシで黒ずみを落とせる可能性があります。黒ずみを見つけたらすぐに掃除をしましょう。放置すればするほど、落とすのが大変になってしまいます。

酸性のトイレ洗剤&湿布法で落とす

市販用の酸性のトイレ洗剤を使います。有名なトイレ洗剤は、サンポールです。

便器に貯まっている水を抜いた後に、便器ボウル表面にサンポールをかけます。ただし、便器のフチ裏や、便器ボウル内の平面でない箇所などは、サンポールをかけても垂れたり流れてしまうので、湿布法がよいようです。湿布法とは、汚れを落としたい所にまんべんなくトイレットペーパーを敷き、そこにサンポールをかけて染み込ませます。数分置いてから、トイレブラシでこすり落とします。

ちなみに、各トイレメーカーは、便器の掃除に業務用の強酸性洗剤を使うことは「NG」としています。特に樹脂製の「パナソニック アラウーノシリーズ」には酸性の洗剤は使用しない方がいいと思います。便座やウォシュレットも樹脂製なので同様です。樹脂は耐酸性がなく、素材自体を傷める可能性がありますので、ご注意ください。

研磨剤が入ったトイレクレンザーで落とす

界面活性剤に研磨剤を入れたトイレクレンザーは、花王の「トイレマジックリン 強力クレンザー」が有名です。研磨剤が入っているため、陶器表面に傷が付く可能性があります。ただし、各トイレメーカーは、研磨剤入りのトイレクレンザーの使用はNGとしていますので、どうしても黒ずみが落ちない時以外は使わない方がよいかと思います。また、黒ずみは原因が複雑なため、トイレクレンザーを使っても落ちない場合もあります。

塩素系のトイレクリーナーで落とす

アルカリ性の塩素系トイレクリーナーは、花王の「除菌洗浄トイレハイター」やドメストの「ドメスト」が有名です。除菌および漂白効果がありますので、カビを原因とした黒ずみには有効なようです。酸性のトイレ洗剤と一緒に使うと有害な塩素ガスが出て命の危険もありますので、絶対に混ぜないように、使用の際は十分に注意してください。

LIXIL(INAX)のリフレッシュプロガードを利用する

どうしても黒ずみが落ちない場合は、LIXIL(INAX)が提供している「リフレッシュプロガード」という便器のクリーニングサービス(有償)を検討してみてはいかがでしょうか。専用工具・専用洗剤で汚れをこすり落とした上で、便器にプロガード加工(水アカを防ぐLIXIL(INAX)の独自技術)を施してくれます。

まとめ

他の汚れと同様、黒ずみも、掃除をせずに放置しておくと、どうやっても落ちない汚れとなってしまいます。あまりにひどい黒ずみであれば、無理に自力で落とそうとせずに、トイレクリーニングの専門業者に依頼してもよいかもしれません。

いずれにしても、こまめに掃除をすることが、黒ずみ汚れの一番の予防策となります。

尚、トイレの汚れは尿石以外に、尿石、黄ばみなどもあります。尿石については『トイレ掃除の天敵!便器にこびりつく尿石の落とし方と予防』を、黄ばみについては『トイレ掃除の天敵!便器にこびりつく黄ばみの落とし方と予防』をご覧ください。



トイレ掃除専門業者の選び方と費用

長年使ったトイレの汚れは、なかなか自力では落ちないこともあります。掃除のプロに任せることも検討されてみてはいかがでしょうか。

以下のページでは、トイレクリーニングの専門業者の選び方と、費用・料金の目安、標準的な作業内容について紹介しています。

スポンサーリンク
Adsense_336×280
Adsense_336×280