トイレ掃除の天敵!?便器にこびりつく黄ばみの落とし方

来週、自宅に友達が遊びに来る予定なのに、トイレを見ると黄ばみが目立って汚い…。便器にこびりつく黄ばみの落とし方をまとめました。

トイレ(便器)の黄ばみとは?

トイレの便器や床、壁紙に、黄色の汚れが見えたら、それは黄ばみです。知人や友人を自宅に呼ぶのに、トイレの黄ばみが目立っていたら、呼ぶ方も、呼ばれる方も嫌ですね。

そもそも、黄ばみとは一体何なのでしょうか?これはその名の通り、見た目が黄色っぽくなってしまうことをいいます。例えば、白いYシャツの首周りや袖口は、特に真夏にヘビーローテーションすると、濃い目の黄色(黄土色に近い色)になってしまうことがあります。皮脂の汚れが酸化し、付着することで、黄ばみとなります。

トイレの黄ばみは、付着した尿が原因と言われています。尿に含まれるカルシウムなどが結晶化し、尿石となって蓄積し、黄ばみ汚れとなります。一度黄ばみがつくと、取るのは大変に厄介です。便器の内部に付着した尿石の落とし方と注意点については、『トイレ掃除の天敵!便器にこびりつく尿石の落とし方と予防』にまとめていますので、宜しければご覧ください。

トイレの黄ばみは、便座や床、壁紙にも。。

トイレの黄ばみは、便器だけでなく、便座や床(クッションフロアやタイルなど)、壁紙にもこびりつくことがあります。これらの黄ばみは、小便時の尿の飛び散りが主な原因です。特に男性が立って小用をすると、想像以上に尿が飛び散ります。洗剤でもおなじみのライオン(株)が実験をされていますので、一部引用します。

男性が洋式便器で立って小用をすると、「床や壁」に1日で約2,300滴の尿が飛び散ります。-ライオン「Lidea」

1日で2,300滴。衝撃的な数字です。便器からかなり離れた床や、壁にまで、尿が飛び散っています。飛び散った尿は肉眼で見えにくいので、一見キレイに見えるトイレでも、お父さんや男の子が立ち小便をしていると、床や壁に尿が飛び散っている可能性が高いです。

便座の裏側も要注意です。男性、女性に関わらず、座り小便をしていると、その跳ね返りの尿が便座の裏側にかかり、そのまま掃除を怠ると黄ばみに変化します。私も飛び散りが気になるので、立ち小便は止めて座り小便に変えたのですが、座り小便にすると、便座を上げる機会が減ります。時々、思い出して便座を上げると、こびりつく一歩手前の黄ばみが便座の裏にびっしり…ということもあります。実体験として、トイレトレーニングを終えた幼児が、自力で便座に座ってトイレをし始めると、この跳ね返りが増えるような気がします。

トイレの便座裏に付いた黄ばみの落とし方

水でぬらした柔らかい布をよく絞って水気を落とした上で、便座を拭きます。黄ばみがひどい時は、薄めた台所用中性洗剤を含ませた柔らかい布で拭いてから、最後に水拭きします。

基本的なことですが、便座はプラスチック製品です。また、ウォシュレットはプラスチック製の電化製品です。取扱説明書にも記載がありますが、トイレットペーパーや乾いた布でふくと、便座のプラスチックに傷が付く可能性があります。また、トイレ用の洗剤、特に酸性やアルカリ性の洗剤を使うと、ウォシュレット内部の電気部品や金属を腐食させて、故障する可能性があります。便器と便座では素材が異なるため、掃除方法も変わります。「便器」の黄ばみの落とし方を参考にされないように、ご注意ください。

トイレの床に付いた黄ばみの落とし方

トイレのクッションフロアは、通常は掃除機がけや、雑巾での水拭き、トイレ用掃除シートでの拭き掃除などできれいにします。床の黄ばみがひどい時は、便座裏と同じように、薄めた台所用中性洗剤を含ませた柔らかい布で拭いてから、最後に水拭きします。

トイレの壁紙に付いた黄ばみの落とし方

トイレの壁紙(クロス)に黄ばみが付いた時も、基本は雑巾での水拭きですが、なかなか黄ばみが落ちない時は、薄めた台所用中性洗剤を含ませた柔らかい布で拭いてから、最後に水拭きします。それでも落ちない場合に、メラニンスポンジで擦ったり、漂白剤を使う方もいるようですが、メラニンスポンジは壁紙が削れますので、部分的に削れてしまわないようにご注意ください。漂白剤は強力なので、黄ばみを落としやすいのですが、目や皮膚にかからないように慎重に作業しなければなりません。また、換気が必要で、白い壁紙以外には使えません。

まとめ

トイレの便器だけでなく、便座の裏、床、壁紙と、様々な所に尿が飛び散ります。そして掃除をせずに放置しておくと、黄ばみ汚れとなってしまいます。あまりにひどい黄ばみであれば、無理に自力で落とそうとせずに、トイレクリーニングの専門業者に依頼してもよいかもしれません。

いずれにしても、こまめに掃除をし、トイレに尿の汚れを残さないことが、黄ばみ汚れの一番の予防策となります。

尚、新築やトイレリフォームを検討されていて、尿の飛び散り汚れが気になる方は、パナソニックの「新型アラウーノ」、「アラウーノSⅡ」がオススメです。

新型アラウーノとアラウーノSⅡには、トイレの床や便器の外側が汚れる原因となる小便の「ハネ・タレ・モレ」を防ぐ、パナソニック独自の「「トリプル汚れガード」が搭載されています。トリプル汚れガードについては、『アラウーノ独自のトリプル汚れガードを評価してみた』にまとめていますので、宜しければご覧ください。

尚、トイレの汚れは尿石以外に、尿石、黒ずみなどもあります。尿石については『トイレ掃除の天敵!便器にこびりつく尿石の落とし方と予防』を、黄ばみについては『トイレ掃除の天敵!便器にこびりつく黒ずみの落とし方と予防』をご覧ください。



トイレ掃除専門業者の選び方と費用

長年使ったトイレの汚れは、なかなか自力では落ちないこともあります。掃除のプロに任せることも検討されてみてはいかがでしょうか。

以下のページでは、トイレクリーニングの専門業者の選び方と、費用・料金の目安、標準的な作業内容について紹介しています。

スポンサーリンク
Adsense_336×280
Adsense_336×280