キッチンリフォーム業者の選び方と注意点

システムキッチンのリフォームにおいて成否を分けるのは、工事業者選びといっても過言ではありません。ここでは、業者選びのポイントと注意点についてご紹介しています。

キッチンリフォームの業者選びは難しい

キッチンリフォームを行うときは、「商品選び」と「工事業者選び」の2つがポイントとなります。商品選びについては、各メーカーのショールームにいけば、実物も置いてありますし、ショールームスタッフの方々が親身になって相談に乗ってくれます。一方で、工事業者選びは自分で行う必要があります。

キッチンに限らずですが、リフォーム業者選びというのは、一般の人にとってはなかなか難しいものがあります。なぜなら、リフォームは頻繁に行うものではなく、どの業者がいいのかという情報も少ないためです。いつも野菜を買っているスーパーであれば、今日はこの野菜が安かった、高かったとか、いつもは新鮮なのに今日はイマイチね・・などと品定めができますが、20年30年に一度のキッチンリフォームで、この業者は安い・高い、質がいい・悪いといった判断をすることが難しいのは容易に想像がつくかと思います。

ネット見積もりで業者を比較する!?

最近では、リフォーム業者の見積もり比較ができるサイトが増えてきました。希望するリフォームの箇所と地域などの情報を登録すると、近隣のリフォーム会社のページが見れたり、提案メールが来るような仕組みとなっています。

「それは便利じゃないか!」と思われる方も多いかと思いますが、多くの業者の本音としては、このような見積もり比較サイトから依頼はされたくないという所があります。成約すると売上の何%の手数料をとられるだけでなく、提案や現地見積もりをするだけでも手数料を払わなければならないこともあります(見積もり比較サイトによって、手数料の課金対象や%が違います)

ただ、ホームページを立ち上げたり、チラシを作ってポスティングしたり、イベントをするだけでは売上が足りないので、やむなくこのような見積もり比較サイトに登録している業者さんも多いです。あとは販促・広告宣伝費と割り切って登録している業者さんでしょうか。

このような見積もり比較サイトの評判が、マンションコミュニティという掲示板に口コミとしてありますが、見積もり比較サイトの仲介手数料が具体的な数字(%)で生々しく書かれていたりもします。。お客さんだけでなく、業者さんの書き込みと思われるものもありますので、これらの情報を確認した上で、ネット見積もり比較サイトを利用するかどうかを決めるとよいのではないかと思います。

どの業者に依頼しても、実際に工事してくれるのは「職人」

これも押さえておきたい所として、リフォーム会社や工務店、ホームセンターなどにキッチンリフォームを依頼しても、実際に工事をしてくれるのは職人さんということです。

キッチンリフォームは、

  • 大工工事(キッチン解体、壁・床工事)
  • 電気工事
  • ガス工事
  • 配管工事
  • 設備工事(レンジフード取り付けなど)
  • キッチン組立工事

などの工事が必要となります。トイレリフォームなどと比べると複雑です。大工工事ができる人などが現場を統括し、ガス屋さん、水道屋さんなどが入れ替わりしながら工事をすることもあります。

ちなみに、多能工と呼ばれるような、大工・電気・ガス・配管・設備・組立をすべてできるような優秀な職人さんであれば、キッチンリフォームであっても2人など少人数で工事を完結できることもあります。

リフォーム会社や工務店、ホームセンターに依頼するにしても、結局はいい業者(職人さん)を押さえているかどうかにかかっています。これはユーザー側では分かりようがありません。このため、業者選びはとても難しいです。

業者選びのポイントと注意点

キッチンリフォームを依頼できる業者としては、おおよそ次のような業者があります。それぞれメリット・デメリットを踏まえて、ご自身に合った業者を選ぶようにしてください。

キッチンリフォームを完結できる地元の職人

お知り合いなどに、大工工事や電気・ガス・配管、キッチン組立など幅広い工事ができる熟練多能工がいれば、その方に頼むというのも手です。直接頼めば、ネット見積もり比較サイトや、リフォーム会社に手数料を取られることがないので、大手のリフォーム会社に依頼するよりも費用を安くできる可能性が高いです。

また、地元の職人さんであれば小回りもききますし、キッチンリフォームだけでなく、今後、他の場所でも工事が必要な時にも頼みやすいというメリットがあります。キッチンや浴室リフォームなら喜んでやるものの、蛇口やトイレといった(売上の)小さな工事を嫌がるリフォーム会社も中にはいますので、その職人さんが多能工だったり、知り合いに色々な職人さんがいることが前提ですが、一人知り合いになれると安心です。

リフォーム会社が元請けで、大工や職人さんが下請けの場合、下請けである大工が現場で勝手に元請けからの指示を変更することができない点もあります。施主のためには本当はこうした方がいいんじゃないか、と思っていても、元請けの意向がNoであれば、その職人さんは勝手に動くことができません。職人さんと直接契約すれば、ちょっと手間をかけてでも施主のために良い仕上がりにしようと思ってくれるかもしれません。

デメリットとしては、このような職人を見つけることが難しいという点です。個人で経営している所も多く、ほとんどはホームページもありません。

「職人さんだとシステムキッチンを仕入れられないのでは・・?」と心配になるかもしれませんが、キッチンリフォームを多く手がける職人さんであれば、システムキッチンを発注する正式ルートを持っていて、意外と安い価格で提供してくれることもあります。

地元のリフォーム会社

地元密着で、大きなリフォームだけでなく、住宅設備の交換などの小工事にも対応しているようなリフォーム会社です。最初は、水回りや電気などの設備工事からスタートして、次第にリフォームを受けるようになり、リフォーム会社になったような業者もあります。

メリットとしては、地元密着だと悪い評判・口コミは命取りとなるので、しっかりと工事完了まで対応してくれる可能性が高いということがあります。近所の方で、実際にキッチンリフォームをされた方がいれば、その人に紹介してもらうのが確実かと思います。

職人さんと比べると、案件数が多い分、システムキッチンも安く仕入れられることが多いですが、その分人件費や賃料、広告費などの費用もかかっていますので、職人さんよりも安く販売してくれるかは分かりません。

そのリフォーム会社の得意な工事分野によって、すべての工事を自社社員(職人)で行うのか、もしくは、一部の工事を外注に出すのか、なども変わります。自社施工と書いてあっても、実際は社員ではなく、請負の外注さんに工事を任せる所もあったりするので、念のため、契約前に誰が工事に来るのかを確認した方がよいかと思います。

地元の工務店

工務店というと、新築の家を立てる建築業者のイメージがありますが、リフォームを手がけている所もあります。

キッチンの入れ替えというような比較的単純な工事よりは、キッチンのレイアウトを大幅に変更したり、床下や壁の補修、造作などの大工工事が多いようなキッチンリフォームであれば、木工事に強い工務店も候補にあがるかと思います。

ただ、新築やフルリフォームなどの大規模リフォームしかやらない方針の工務店もありますので、相談しても断られる可能性もあったりします。消費者からすると、工務店にキッチンリフォームを直接頼むのは、ちょっと敷居が高いかもしれません。

メーカー系のリフォーム会社

各住宅設備メーカーの推奨する加盟店のリフォーム会社です。特定のメーカーに力を入れているので、商品知識が豊富だったり、リフォームのプランニングをしてくれたりする会社もあります。

このようなリフォーム会社では、自社で職人を抱えるというよりは、社員が現場管理(施工管理)をして、各地域の外注職人に指示するようなスタイルが多いかと思います。

ホームセンター・家電量販店

消費者にとって敷居が低いのは、ホームセンターや大型家電量販店のリフォームコーナーかもしれません。リフォーム会社の店舗に相談にいくと間違いなく「見込み客」だと認識されて、営業担当からの囲い込み営業に合いますが、ホームセンターや家電量販店であれば、他の商品を探すついでにリフォームコーナーをちら見することも可能です。

リフォーム専任の担当者がいれば、キッチンリフォームについて相談してみるのもいいかと思います。ただ、こちらも実際に工事してくれるのは地元の下請け業者・職人さんになることがほとんどです。仕入れ力が強いので、商品によっては格安で手に入る可能性もあります(ただ、意外と高い商品もあったりします。。)

どのようなリフォームをするかによって、依頼先も変わる

たとえば、

  • 今は壁付きのシステムキッチンで、キッチンとリビングが壁で遮られているような間取りだとします。これを(壁を解体した上で)対面式のオープンキッチンにしたい、できればアイランドキッチンがいい。食洗機は大型の海外製。とにかくおしゃれなキッチンにしたい、というようなリフォーム

の場合は、地元の職人さんに直接頼むよりも、リフォーム会社の営業担当と何回か打ち合わせしながら、しっかりとプランニングしてもらった方がいいかと思います。リフォームの雑誌にのっているような素敵なキッチンにリフォームしたいのであれば、設計事務所に相談した方がよいかもしれません(設計料はかかりますが・・)。

一方で、

  • 今のシステムキッチンが古くなったから、最新のキッチンに交換したい。レイアウトは同じでいいので、できれば安く上げたいけど、工事はしっかりとやってほしい。キッチンパネルを貼って、壁や天井もキレイにしたいな。

という場合は、メーカーのショールームでプランと見積書を作ってもらった上で、地元の職人さんに相談できるといいかと思います。職人さんの知り合いがいなければ、地元のリフォーム会社に相談してみましょう。

スポンサーリンク
Adsense_336×280
Adsense_336×280