タンクレストイレの最高峰「TOTOネオレスト」

ビッグベン・リトルベンのベン親子のCMでもおなじみの、TOTOネオレストは、知名度が高く、大人気のタンクレストイレです。

商品名:ネオレスト ハイブリッドシリーズAH/RH/DH
種類:タンクレストイレ(ウォシュレット一体型)
メーカー:TOTO
希望小売価格(税別):264,000円~
発売日:2015年2月

AH / RH / DH 3つのタイプ展開

ネオレストには3つのタイプがあります。それぞれデザインがかなり違うので、選ぶの悩みますねー。

直線基調のAHタイプはシャープさが売り。

ネオレストAHは直線主体のデザインです。便ふたの形がシャープでいいですね。いやー、AHかっこいいです!

便ふたのサイズが大きいので、開いた時に少し圧迫感を感じる人もいるかもしれません。便ふたの存在感が私は好きですが、このあたりは個人の好みかと。

曲線基調のRHタイプは優しい印象。

ネオレストRHは曲線を基調としていて、可愛らしさや優しさを感じるデザインです。オーバル型(卵型)のタンクレストイレ、意外とありそうでないんですよね。ちょっと丸すぎる気もしますが・・。

「レッドドット・デザイン賞」という国際的なデザイン賞も受賞していますので、海外でもRHのデザインの評価が高いようです。

確かにAHよりも万人受けしそうな、非の打ち所のないデザインだと思います。言い換えると全般的に優等生すぎる印象があるので、私はシャープなAHの方が好きです。

DHタイプはオーソドックスなデザイン。

ネオレストDHはオーソドックスなデザインです。悪くはないのですが、「おっ!」という所もありません。前代のネオレストRHのデザインに似ています。

DHの実機を触る機会があったら、ぜひ便ふたを開けてから、閉めてみてください。かな〜りゆっくりと、便ふたが閉じていきます。

これは「便ふたソフト閉止」という機能で、DH以外にも搭載されている機種はあるのですが、なぜかDHだけがかなり遅いんです。DHだけでも数種類試してみましたので、間違いないと思います。

便ふたが完全に閉じるまでトイレの中で見守っている人は少ないとは思いますし、実害は無いのですが、それでもあの遅さが私は気になりました・・。

グレードと価格

AH/RH/DHともに、2つのグレード設定。 

各タイプとも、グレード1と、グレード2(AH/RHは2W)の2つのグレードが設定されています。

安くあげるならDHですが、せっかくタンクレストイレを設置するのであれば、デザイン性も高く、機能も充実している王道のAHかRHがいいと思います。かなり高いですが・・・。

  AHタイプ RHタイプ DHタイプ
  AH2W AH1 RH2W RH1 DH2 DH1
定価(税別) 379,000円〜 334,000円〜 379,000円〜 334,000円〜 294,000円〜 264,000円〜
機能      便器きれい(きれい除菌水) プレミスト
ノズルきれい(きれい除菌水)
においきれい においきれい    
オート開閉    
瞬間暖房便座 瞬間暖房便座 − 
−  −  ダブル保温便座 ダブル保温便座 − 

小型タンクを内蔵したタンクレストイレ。

タンクレストイレは、その名の通りタンクがないトイレということですが、TOTOネオレストには実は小さなタンクが内蔵されています。

一般的にタンクレストイレは、水道管と直結して、水を流す度に直圧水道水が便器の中を流れて洗浄する仕組み(水道直圧式)です。水を貯めるタンクがないため、トイレをコンパクトですっきりとしたデザインにすることができます。ネオレストは、この水道直圧式に加えて、小型の内蔵タンクに貯めた水を、直圧水道水と合わせて流すことで、大洗浄でたった3.8Lという超節水を実現しています。

「水道直圧式」+「タンク式」のいいとこ取りをしていることから、「ネオレスト ハイブリッドシリーズ」と、商品名にハイブリッドという文字が入っています。

タンクが内蔵されているトイレをタンクレストイレと呼ぶのは、個人的には違和感があるのですが、仕組みとしてはそういうことになっています。

大洗浄3.8Lの本当の意味は?

ちなみに、TOTOネオレストの場合、床排水モデルであれば大洗浄3.8Lと、現在発売されているトイレの中で最も超節水です。ただ、3.8Lの水がまるまる便器の洗浄に使われる訳ではなく、トルネード洗浄(便器の洗浄)に用いる直圧水道水、ゼット洗浄(洗浄した水を便器から排水管に流すために勢いをつけるための洗浄)に用いる内蔵タンクの水を合わせて、3.8Lとなります。

わかりにくいですが、トルネード洗浄(便器の洗浄)の水量は、2.5Lとか3Lといった少ない水(※実際の水量は知りません)となります。試しに実機で大洗浄を流してみるとわかりますが、トルネード洗浄の水の量が少なめなので、便器ボウルのフチまでしっかりと水が流れていないようにも見えます。

ネオレストのライバル商品であるLIXIL(INAX)のタンクレストイレ「サティス」は、例えば大洗浄4Lのモデルであれば、4Lの水量をまるまる便器ボウルの洗浄に使いますので、便器ボウルのすみずみまで水が流れます。この辺りは、ちょっとネオレスト大丈夫かな?と気になる所です。

きれい除菌水で便器やノズルを除菌 

 TOTOネオレストの最大の特徴の一つは、水道水から除菌効果のある水をつくり、便器やノズルを除菌してくれる「きれい除菌水」です。トイレを使用した後と、使用せずに8時間経過する度に、自動で便器に「きれい除菌水」のミストを吹きかけてくれます。また、トイレの使用後にウォシュレットのノズルの内側・外側を「きれい除菌水」で自動洗浄してくれます。

きれい除菌水は、 便器やウォシュレットのノズルの汚れの原因となる菌の繁殖を防いでくれる効果があります。LIXIL(INAX)やパナソニックのトイレにはないTOTO独自の機能で、この機能を使いたいからネオレストにする、というケースもあるようです。一方で、便器ボウルの全ての面にきれい除菌水が万遍なく吹きかけられる訳ではないので、やはり定期的にブラシと洗剤で掃除する必要はどうしても出てきます。完全に掃除がなくなる訳ではないので、この点はご注意ください。

>>便器やノズルを除菌してくれる「きれい除菌水」のレビューはこちら

トイレ室内のニオイを脱臭する「においきれい」って必要?

最上位グレードの「ネオレストAH2W/RH2W」のみに搭載されている新機能「においきれい」は、トイレ室内のニオイをトイレ内蔵のフィルターで捕集し、脱臭する機能です。フィルターをきれい除菌水で1日に1回洗浄・除菌します。

TOTOの最新トイレラインナップにおいても、ネオレストAH2W/RH2Wにしか搭載されていない肝いりの機能なのですが、個人的には「?」です。まずカタログには、「きれい機能なし」と「きれい機能あり」を比較すると、約10ヶ月後に臭気が2.5と1.0と、きれい機能がある方が臭気を大幅に抑えることができる、とあります。これは単純に「においきれい」の有無で比較したデータではなく、「きれい機能なし」の方は、「便器きれい(便器ボウルをきれい除菌水で自動洗浄・除菌)」も無しにしています。要は、「きれい機能なし」の臭気2.5というのは、きれい除菌水で便器を洗浄・除菌するというネオレストのコアの機能ともいうべき便器きれいを使わずに、10ヶ月放置した状態、ということです。

ウォシュレットのパワー脱臭があれば、それでいいと思いますけどね。カタログにも、「ニオイが完全になくなる機能ではありません」とありますし、そこまで必要な機能とは思えません。

おすすめはAH1かRH1

私がおすすめするグレードはAH1かRH1です。このグレードは価格と機能のバランスがちょうどいいと思います。AH1とRH1の機能は同じなので、デザインで選べばよいでしょう。

DHは価格は安いのですが、TOTOトイレの代表的な機能である「きれい除菌水」で便器ボウルを洗浄・除菌する便器きれいが付いていません。また、便ふたや便座が自動開閉しません。せっかくタンクレストイレを設置するのであれば、やはり高級感を感じるオート開閉をつけてほしいですね。毎回ふたを手で開けてもいいのですが、それであればもう少しグレードの低いトイレでいいような気がします。

AH2W、RH2Wはちょっと贅沢すぎ(というよりも無くてもいい機能が付いている)です。一つあるとすれば、秋や冬にトイレ室内が寒くなるお宅では、室内暖房や瞬間暖房便座がついているAH2W、RH2Wがいいかもしれません。ただ、暖房器具を入れたり、便座カバーをするなど、代替策が無くはないので、どうしても室内暖房や瞬間暖房便座がほしい!という方でなければ、オーソドックスなAH1かRH1でいいと思います。

スポンサーリンク
Adsense_336×280
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
Adsense_336×280

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>