LIXIL(INAX)トイレのプロガードはどう?

各トイレメーカーにとって、汚れにくい便器の開発は、永遠のテーマとも言えます。LIXIL(INAX)の最新便器には「ハイパーキラミック」という防汚・抗菌技術に加えて、「プロガード」という水垢を防ぐ技術が施されています(※プロガード標準搭載の機種と、オプションの機種があります)。
陶器表面に付着する水垢を防ぐ「プロガード」の特徴をまとめてみました。

— more —

各トイレメーカーの便器素材&防汚技術

最新トイレ(便器)の防汚技術は、TOTOのセフィオンテクト、LIXIL(INAX)のハイパーキラミック&プロガード、パナソニックの有機ガラス系新素材と、各メーカーで異なります。どのメーカーも、自社の昔の便器と比べて、防汚技術は優れていて、汚れにくく、汚れも落ちやすいとアピールしています。そのため、「本当に汚れにくいのか?メリットばかりアピールしているが、デメリットはないのか?どのメーカーがよいのか?」といった疑問を持たれる方も多いかと思います。

  TOTO LIXIL(INAX) パナソニック
便器の素材 陶器 陶器 有機ガラス系新素材
表面処理技術 セフィオンテクト ハイパーキラミック
プロガード

TOTO、LIXIL(INAX)、パナソニックそれぞれ、便器の素材や防汚技術(表面処理技術)に違いがあります。

TOTO、LIXIL(INAX)の便器は、一般的にも馴染みのある「陶器製」です。業界の中では、パナソニックのトイレだけが、「有機ガラス系新素材」という特殊な樹脂で作られています。

LIXIL(INAX)の便器表面の防汚・抗菌技術は、「ハイパーキラミック」「プロガード」の二種類あります。尚、メーカーの公式情報では、それぞれの技術内容や効果の違いが少し分かりにくいのでご注意ください。

ハイパーキラミックは、陶器表面の硬度を高め、平滑にし、銀の力で抗菌する技術です。一方、プロガードは、水アカを防ぐ技術です。

このページでは、LIXIL(INAX)の「プロガード」に焦点を当てて取り上げています。

プロガードは、水垢を防ぐ技術

プロガードは、便器表面への水垢の付着を防ぐコーティング技術です。INAX総合技術研究所(現:LIXIL)によると、日本の水道にはシリカ(ケイ素)が多く含まれていて、汚物を流す時に水とともにシリカが衛生陶器の表面を流れ、釉薬の表面のシリカと化学結合、乾くと固体化し、そこに汚物の中の有機物が取り込まれて水アカ汚れが発生する、とのことです。
プロガードは、かたつむりを参考に開発されました。開発経緯を一部、引用させていただきます。

ここで参考にしたのが自然、具体的にはかたつむりです。あの殻は大体汚れていませんが、顕微鏡で見ると、衛生陶器の釉薬に当たる無機質の部分があって、その表面に少しだけタンパク質の部分がある。こういうものを、衛生陶器の表面に付けてやると、無機の部分に汚れが付きにくいのではないか、と考えたわけです。-建材情報交流会ニュース 第19回”サスティナブル建築 PART-Ⅰ”光触媒の最新技術「衛生陶器の防汚技術について」

かたつむりの生態を参考に、LIXIL(INAX)では、衛生陶器の表面にカップリング剤(有機系の表面処理剤)を塗ることで、水に含まれるシリカとの化学結合を防ぐ技術を開発し、プロガードの名称で製品化しています。

尚、パナソニックのアラウーノシリーズに使われている有機ガラス系新素材も、水垢がつきにくい素材と言われています。

プロガードの効果は15年?

メーカー発表では、プロガードの効果は約15年です。この15年という期間は、同一箇所の摩擦回数2往復で、年間365日掃除をすることを前提に試算されています。掃除ブラシで約1万回の往復を想定しているようです。そのため、掃除の仕方や回数によっては、15年を大幅に下回る可能性もあります。

効果が切れた場合でも、リフレッシュプロガードで再加工が可能。

リフレッシュプロガードは、プロガードの効果が切れた場合や、元々プロガード加工がされていない便器に、後からプロガード加工をするLIXIL(INAX)の有償サービスです。LIXIL修理受付センターで依頼を受け付けているようです。2015年5月時点の情報では、料金は1台14,800円(税別)、作業時間は1台あたり約2時間となっています。リフレッシュプロガードの効果は、約5年とのことです。

プロガードが付いていない機種も

アメージュZ便器や、アメージュZシャワートイレのように、プロガードあり/なしを選べる機種があります。例えば、他社よりも安く見せたいリフォーム会社や工務店では、「プロガードなし」の機種を提案してくる場合があります。見積りの機種がプロガードありなのか、プロガード無しなのか、しっかりと確認することをオススメします。

アルカリ性洗剤や研磨剤での掃除はNG

取扱説明書に記載されている通り、プロガードの効果を長持ちさせるために、アルカリ性洗剤(塩素系)、研磨剤入りの洗剤、研磨剤付きのブラシは使用禁止となっています。プロガードが剥がれてしまうと、防汚効果が見込まれなくなりますので、必ずトイレ用中性洗剤を使うようにしてください。ブラシについては、研磨剤なしのものであれば、ナイロン製でもPP製でも特に問題はないようですが、念のため柔からなPP製ブラシを使った方がよいかもしれません。

プロガードを搭載した主要トイレ一覧

プロガード標準搭載の機種と、プロガード有無をオプションで選択する機種があります。

【プロガードを標準搭載した主要トイレ一覧】
アステオ
サティスEタイプ
サティスSタイプ
サティスGタイプ
リフォレ
レジオ
サティスSタイプカラーズ
アステオカラーズ
サティスSタイプ手洗カウンター/手洗器付
サティスEタイプ手洗カウンター/手洗器付

【プロガード有無をオプションで選択する主要トイレ一覧】
アメージュZ便器
アメージュZ便器(フチレス)
アメージュZシャワートイレ
アメージュZシャワートイレ(フチレス)

まとめ

陶器表面の水垢を防止するLIXIL(INAX)のプロガードは、陶器表面の「抗菌」「硬度」「平滑さ」を実現するハイパーキラミックと組み合わせると、更に威力を発揮します。アメージュZ便器やアメージュZシャワートイレの場合、プロガード無しの選択も可能ですが、長期間使用することを考えると、数千円余分に出してでもプロガードを付けた方がお得だと思います。最初はプロガード無しにして、後からリフレッシュプロガードで加工することも可能ですが、効力の期間は約5年(初回にプロガード付きを選べば約15年)で、料金も14,800円(税別)かかります。予算が許せば、極力プロガード付きの機種を選択されることをオススメいたします。

スポンサーリンク
Adsense_336×280
Adsense_336×280
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>