食洗機の取り外し

ビルトイン食洗機を取り外しした時の手順をまとめた記事です。

今回取り外した食洗機は、パナソニックのビルトイン食洗機「NP-P45X1P1」です。食洗機の設置形態、メーカー、機種によって手順が異なりますので、詳しくはお使いの機種の施工説明書をご確認ください。

取り外し作業前

ビルトイン食洗機を取り外す前の写真です。上がミドルタイプの食洗機、下は引き出し収納です。

ビルトイン食洗機を取り外す前の写真です。上が食洗機本体ボデー、下が引き出し収納です。

止水栓を止める

食洗機用の給水配管(または給湯配管)の止水栓を止めて、食洗機に水が流れないようにします。この作業を忘れてしまうと、給水ホースを外した時に、水浸しになってしまいますので、最初に止めておきます。通常、食洗機専用の止水栓がありますので、そちらを止めればよいのですが、食洗機の止水栓を止めた後に、キッチン蛇口の止水栓も止めて、蛇口から水が流れなくなるのを確認した方が、より確実です。

下部収納を取り出す

食洗機の下にある引き出し収納(下部収納)を取り出します。

食洗機の下にある引き出し収納(下部収納)を取り出した状態です

点検口をあける

下部収納を取り出すと、床板があるので、ネジを緩めて床板を外し、点検口をあけます。

食洗機本体の下にある収納を取り出すと、点検口をカバーしている床板がありますので、ネジを外して点検口を開けます

点検口を開けると、配管が見えます。給水管、給水ホース、排水管、排水ホース、ホースジョイント、電源、アース線などが見えます。

点検口を開けると、食洗機用の給水管、排水管、排水ホース、ホースジョイント、電源などが見えます

排水ホースを外す

排水管につながっている排水ホースを外します。外した時に残水が出ることがあるので、タオルや雑巾などを下に敷きます。

ビルトイン食洗機の排水ホース・ホースジョイントを、排水管から外します。

排水管と排水ホースは、ホースジョイントという部材で接続されています。食洗機を使っている時に外れないように、ホースジョイントと排水管の接続箇所を、上からホースバンドで止めています。

排水ホースを外す時は、まず、排水管と排水ホースを止めているホースバンドを手前(排水ホース側)に動かします。そして、ホースジョイントを左右にグルグル動かしながら、少しずつ排水管から排水ホースを外していきます。長年使っていると、排水管とホースジョイントの接続部分が固着してしまい、なかなか外れないことがありますが、あまり力任せに外そうとすると排水管が折れてしまう場合もありますので、少しずつ慎重に動かして外します。

ビルトイン食洗機の排水ジョイントが排水管から外れた状態です

給水ホースを外す

給水管につながっている給水ホースを外します。

ビルトイン食洗機の給水ホース先端についているナットを緩めて、給水管から外します

接続部分のナットをモンキーレンチなどで緩めた後、ナットを手で回して外します。間違ってナットで逆方向に強く締め付けないように注意します。ナットは手で軽く締め込んだ後、約半回転くらい締め付けるのが適正な締め付け強度で、それ以上強く締め付けると、給水管を傷めてしまい、そこから漏水の原因になる場合もあります。

ビルトイン食洗機の給水ホースと給水管が外れた状態です

排水ホースと同様に、給水ホースと先端のナットが固着して、ナットを回すと給水ホースまで回る(ねじる)ことがありますが、ナットだけが回るようになるまで、根気よく何度も回します。

前ズレ防止金具を外す

食洗機のドアを少し引き出して、食洗機本体の下部にある前ズレ防止金具を外します。

ビルトイン食洗機本体を引き出す前に、前ズレ防止金具を外します

取り外した前ズレ防止金具です。

ビルトイン食洗機の前ズレ防止金具

前ズレ防止金具を外すと、食洗機本体を前に引き出せます。

ビルトイン食洗機から前ズレ防止金具を外した状態

食洗機本体を引き出す

いよいよ食洗機本体を引き出します。重いので気をつけて、ゆっくり引き出します。

ビルトイン食洗機本体を前に引き出す

ビルトイン食洗機本体です。

ビルトイン食洗機本体

食洗機本体に接続されている給水ホース(黒)、排水ホース(白)、電源(グレー)とアース線(緑)です。このスペースにビルトイン食洗機が入っていました。

ビルトイン食洗機本体に接続されている給水ホース、排水ホース、電源、アース線

今回取り外した機種のように、10年前後使った古い食洗機から、新しい食洗機への交換を検討されている方は、『食洗機の取り付け業者を選ぶときに注意したいこと』の記事もご参考になるかと思います。よろしければご覧ください。

スポンサーリンク
Adsense_336×280
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
Adsense_336×280

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>