トイレリフォームにおけるトイレの寸法の基本

毎日使っている家のトイレ。広いのか、狭いのか、普段はあまり意識することはないかもしれません。ただ、いざトイレリフォームを検討すると、このトイレの寸法は重要になります。「高いお金を払って新しいトイレを設置し、快適に使おうと思ったのに、今よりも狭くなって使い勝手が悪くなった…」となると、目も当てられません。トイレリフォームにおける意外な落とし穴、トイレと便器の寸法の基本を知り、快適なトイレ空間を実現しましょう。

一般的なトイレの寸法を知る

トイレの寸法は物件によってバラバラですが、一般的なサイズは「0.4坪」「0.5坪」「0.75坪」と言われています。0.4坪、0.5坪なら一般的で、0.75坪以上だとかなり広いトイレだといえます。まれに、トイレと洗面化粧台が同じ場所に設置されている家がありますが、その場合は、二つ合わせて、1坪程度の広さとなるようです。

0.4坪タイプ

TOTO、LIXIL(INAX)のメーカーカタログでは、0.4坪のトイレは、寸法78cm×123.5cmとなっておりますが、物件によって若干異なります。一般的な分譲マンションに多いトイレの広さです。

0.5坪タイプ

メーカーカタログでは、0.5坪のトイレは、寸法78cm×169cmとなっておりますが、物件によって若干異なります。戸建住宅に多いトイレの広さです。

0.75坪タイプ

メーカーカタログでは、0.75坪のトイレは、寸法123.5cm×169cmとなっておりますが、物件によって若干異なります。かなり空間に余裕のある広さです。

ちなみに、リフォーム会社や水道工務店では、横幅のことを間口(まぐち)と呼ぶ人もいます。明確な理由は分からないのですが、元々、建築用語として一間(いっけん)、二間(にけん)と土地や家の幅を表したことから、その名残ではないかと思います。ただ、「間口は78センチメートルです」と言われると、個人的には、若干違和感を感じてしまいます。

また、坪数ですが、これはあくまでトイレ寸法の目安に過ぎません。とりあえずは、「横幅」と「奥行」を測ればOKです(可能であれば高さも)。坪数を計算する必要はありません。

自宅のトイレの室内寸法を測ってみよう

それでは、自宅のトイレの寸法を、実際に測ってみましょう。必要なのは、巻尺(メジャー)、ペン、メモ用紙の3つだけです。

トイレの横幅と奥行きを測ります。可能であれば、高さも図ります(無理のない範囲で。。)

自宅のトイレの寸法を測ってみました。

自分で測るのは少し面倒かもしれませんが、メーカーのショールームで商品選びの相談をする時に、トイレの寸法や給排水の位置、写真などがあると、より具体的にアドバイスしてくれますのでおすすめです。(もちろん、最終的にはリフォーム会社や水道工務店に、現地見積りの時にしっかりと測ってもらいましょう)

ちなみに、自宅(マンション)のトイレの寸法を測ってみた所、80cm×126cmで、0.4坪タイプでした!

最新トイレを設置する上での必要最小寸法

便器の設置にあたり、商品ごとに、トイレの必要最小寸法というものが定められています。メーカーや商品によって少し異なりますので、商品選びや現地見積りの際に、メーカーショールームやリフォーム会社、水道工務店に確認してみてください。快適に使うためにも、万が一の故障の際のメンテナンスにも重要なことなのですが、リフォーム会社の営業や職人の中で、この寸法について意識している人がそれ程多くありません。こちらから言わないとスルーされることもあります。

トイレの横幅は、70~75cm。できれば80cm以上が理想。

トイレの横幅の必要最小寸法は、メーカーカタログに記載されています。LIXIL(INAX)のサティス・アメージュZで70cm以上、パナソニックのアラウーノで75cm以上です。TOTOは、タンクレストイレのネオレストの場合、脱臭フィルターのお手入れやメンテナンス作業のために、左右とも15cm以上空けるように推奨しています。また、トイレ室内の暖房機能を搭載しているタンクレストイレの場合、トイレの側面から温風が出ますので、横の壁とトイレを15cm以上開けないと、温風で壁紙の色が変わってしまう可能性もあります。

各社の推奨寸法を踏まえると、便器・トイレ本体から最低でも左右それぞれ15cm以上空けることになります。便器・タンク本体の横幅はおおよそ40cm前後が多いので、トイレ室内の横幅は最低でも70~75cm前後、できれば80cm以上が理想です。

トイレの奥行は、便器の奥行(長さ)+40cm以上。できれば+50cm以上が理想。

トイレの奥行の必要最小寸法について、カタログで分かりやすく明記しているのはLIXIL(INAX)です。LIXIL(INAX)は、便座先端から壁やドアまでの距離を、最低40cm以上確保するように推奨しています。

TOTOは、オート便器洗浄やオート便ふた開閉機能を搭載したトイレやウォシュレットについては、便座先端から最低30cm以上確保するように推奨しています。人体検知センサーの検知範囲内に壁やドアがあると、誤動作する可能性があるためです。

実際に、自宅のトイレで測ってみましょう。

自宅のトイレの便器先端からの奥行寸法(余裕)を測ったら、約48cmでした。

自宅のトイレの奥行寸法は、トイレ本体+48cmでした。便器に座ると、前の壁との距離がかなり近く感じるのですが、意外と余裕があることが分かりました。

そもそも使い勝手を考えると、TOTOの推奨する30cmでは厳しいかと思います。例えば私は、頭のてっぺんから胸のあたりまでが約40cmありますので、便座に腰掛けて前傾すると、頭が前方の壁にくっつきそうになります。そこまで前傾することはないにしても、40cmでは少し圧迫感を感じますので、50cm以上が理想と考えます。

タンクレストイレなら、狭い空間でもすっきり

タンクレストイレなら、タンクの高さが無くなるため、トイレ空間がすっきりします。また、LIXIL(INAX)のタンクレストイレ「サティスE」、「サティスS」であれば、前出寸法が65cmと、一般的なトイレよりも10cm程度コンパクトなため、前方に少し余裕ができます。

タンクレストイレについては、『タンクレストイレは買いか!?メリット・デメリットを比較』も参考にしてみてください。

まとめ

トイレリフォームの際に、意外と盲点になるのが、トイレの寸法です。自宅のトイレ室内の寸法と、検討している最新トイレの本体寸法・設置に必要な寸法を踏まえて、快適なトイレ空間にリフォームしましょう。もちろん、全て自分で調べる必要はありません。メーカーやリフォーム会社、水道工務店に相談して、プロのアドバイスをもらいながら、検討を進めてください。

スポンサーリンク
Adsense_336×280
Adsense_336×280
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>