食洗機の温度と洗浄力

食洗機を勧められるときの理由の一つに、「食洗機は高い温度で食器を洗浄するので、手洗いよりもキレイに汚れを落とせる」ということがあります。

食洗機の洗浄温度は、60~80℃

機種や洗浄モード(コース)によって違いがありますが、食洗機の洗浄温度は60℃~80℃と、かなりの高温です。

60℃のお湯で食器を洗うのは、手洗いではほぼ不可能です(耐熱防水手袋を使えば手洗いでも洗えないこともありませんが)。

手洗いの場合、水温が冷たくなる冬を除き、お湯ではなく水で食器を洗っている方も多いかと思います。

水よりお湯の方が汚れは落ちやすいですが、ガス代がかかりますから、ちょっともったいないですよね。水でもほとんどの汚れが落ちるといえば落ちますし。

肉の脂が溶ける温度と、食洗機の洗浄力の関係

基本的には手洗いで水で洗っても、普通に汚れは落ちますが、なかなか難しいのが牛脂など、肉関係の脂です。

調理に使う食用油なんかはしっかりと洗えば落ちますが、牛脂の場合、何度洗っても、フライパンにこびりついて落ちない、というようなことがあります。

これは、牛脂が、40℃とか50℃のように高い温度でないと溶けない性質を持っているためだと言われています。

牛脂の溶ける温度が40~50℃に対し、豚脂は33~46℃と人の体温に近い温度となっています。

出典:『岡山大学農学部 ホームページ

ちなみに豚の方が、溶ける温度は少し低いようです。このような研究もされているとは、大学機関というのはすごいですね。

食洗機を使えば、60℃以上のお湯で食器や調理器具を洗浄できるので、牛脂も豚脂も(溶けて)キレイに落ちますよ、ということです。

食洗機の高温乾燥で、洗った食器を清潔に保つ

食洗機を使うと、洗浄・すすぎだけでなく、高温乾燥もできます。

手洗いの場合は、食器を洗った後、ふきんで拭いたり、水切りカゴに置いたりしますが、水がある所ではカビが発生する可能性があります。

特にふきんですが、毎回洗濯機で洗ったとしても、ふきんの色が変色してくることがあります。見た目には、あきらかにカビがいそうだな・・・、というようなふきんでお皿を拭いている方もいるのはないでしょうか。

食洗機の場合は、洗浄・すすぎの後、ヒーターで温めた温風で食器を乾燥することができます。乾燥した後は、食器をそのまま仕舞えるので便利ですし、何より清潔であります。

これも運転コースによって異なるのですが、乾燥時間は40分、60分とか、90分のように結構長いのと、その分電気代もかかるので、「食洗機で乾燥は使わない」という方もまれにいるのですが、ちょっともったいない気がします。

食洗機で洗った食器をふきんで拭くと、結局手洗いと手間も変わりませんし、ふきんを清潔に保っておくのも大変です。

食洗機の中に洗った食器を放置して、自然乾燥させるという方法もありますが、食洗機に、水が付いた食器を長期間放置しておくと、庫内にカビが生える原因ともなりますので、あまりおすすめはしません。
(とはいえ、手洗いでさっと洗ったコップなどを置いておくのに便利といえば便利なので、水切りカゴ代わりに使ってしまうことも多いのですが・・・)

食洗機の温度に関する注意点

食洗機の温度によって、洗浄力が上がり、高温乾燥で食器を清潔に保てるというメリットがありますが、いくつか注意したい点もあります。

洗浄温度が高ければ、何でもキレイになるという訳ではない

手洗いよりも食洗機の方が洗浄温度が高いので、「食洗機を使えばどんな汚れでもキレイに落ちる」などと言われると、信じてしまいがちなのですが、食洗機を使っても意外と落ちない(苦手な)ものもあります。

汚れがひどかったり、長時間放置していた場合などは、洗い残しがないように、食洗機にかける前に予洗い(下洗い)することもあります。

詳しくは、『予洗い不要の食洗機なんて、本当にあるのだろうか?』をご覧ください。

温度が高いがゆえに、食洗機で洗えないものがある

洗浄温度、乾燥温度が高いので、熱に弱い食器などは食洗機で洗えません。

例えば耐熱ではないプラスチック容器などは、変形したり、溶けてしまったりします。

木製のお茶碗や箸なども、ずっと食洗機で洗っていると、小さなヒビが入ったり、塗装が禿げてきたりします。

ガラスのお皿やグラスも注意が必要です。

詳しくは、『食洗機で洗えないもの』をご覧ください。

電気代やガス代がかかる

当たり前といえば当たり前ですが、60℃、70℃のお湯で洗浄したり、ヒーターで温めた温風で乾燥しますので、電気代やガス代がかかります。

食洗機のメーカーカタログにも、機種ごとに、1回あたりの光熱費の目安が書いてありますので、ご参考にされるとよいかと思います。

また、(省エネではない)古い機種となりますが、実際に食洗機を動かして、電気代を計測してみましたので、こちらもよろしければご覧ください。

関連記事:『食洗機の1回あたり電気代と、節約(節電)のポイント

食洗機は、毎日使うとランニングコスト(光熱費)も馬鹿になりませんので、初期費用(食洗機本体の価格の高さ、安さ)だけでなく、カタログの1回あたりの光熱費から、年間のランニングコストを計算して、費用総額で判断されることをおすすめします。

そのほか、食洗機の良さや注意点などについては、『手洗いと比較した食洗機のメリット・デメリット』をご覧ください。

スポンサーリンク
Adsense_336×280
Adsense_336×280