ウォシュレットは貯湯式と瞬間式のどちらが良いのか?

ウォシュレットや温水洗浄便座には、お尻を洗うお湯をタンクに溜めておく「貯湯式」と、瞬間的にお湯をつくる「瞬間式」の2種類があります。

貯湯式の方が商品価格が断然安いので、値段につられて貯湯式のウォシュレットに決めてしがいがちなのですが、瞬間式の方がランニングコスト(電気代)は安いので、使う頻度や期間によっては、瞬間式の方がトータルの費用がお得になる可能性もあります。

貯湯式と瞬間式のメリット・デメリットを押さえて、自分に合ったウォシュレット・温水洗浄便座を選びましょう。

貯湯式と瞬間式の違いは「内蔵タンクの有無」

これは文字通りなのですが、貯湯式のウォシュレットはお湯(水)を貯めるタンクが本体に内蔵されています。タンクの中のお湯(水)をヒーターで常に温めて保温する方式なので、常時ウォシュレットを使う場合は電気代がかかってしまいます。また、タンクの中のお湯を使い切って湯切れを起こす場合があります。

瞬間式のウォシュレットには、お湯(水)を貯めるタンクがありません。毎回、ウォシュレットを使う時に、ヒーターで水を瞬間的にあたためてお湯にします。常時保温する必要がないので、貯湯式よりも電気代は安く済みます。また、湯切れの心配もありません。

貯湯式ウォシュレットは、商品価格が安い

「湯切れを起こさず、電気代も安く済む瞬間式の方がいいのでは?」という方も多いかと思いますが、貯湯式ウォシュレットの唯一無二のメリットとしては、初期コストが安く済みます。

例えば、東芝・パナソニックの貯湯式の温水洗浄便座や、LIXIL・INAXシャワートイレで貯湯式の量販店モデルなら、ネット通販で1万円台で購入できます。デザインや機能にこだわりがなければ、このような安い貯湯式の温水洗浄便座が狙い目です。
※ちなみに、TOTOは、貯湯式の量販店モデルでも2万円を切ることがありません…。さすがのブランド力です。

瞬間式ウォシュレットは、電気代が安い

ウォシュレットは、洗浄水を温めたり、便座を温めるのに、電気を使います。使用頻度が高い家庭は、電気代が意外と馬鹿にならないので、注意が必要です。

メーカーが公表している各機種の年間消費電力量を踏まえて、電気代1kwhあたり27円で電気代を計算してみます。年間消費電力量は、タイマー節電などの節電機能を使った場合と、使わなかった場合と、両方の数値を各メーカーが公表しているのですが、今回は厳し目の数値で見てみます。
※電気代はあくまで目安なので、参考程度としてください。

メーカー 貯湯式 瞬間式
TOTO ウォシュレットSB
6,696円/年(248kwh/年)
アプリコット※1
3,375円/年(125kwh/年)
LIXIL(INAX) シャワートイレKB
6,183円(229kwh/年)
パッソ
3,186円/年(118kwh/年)
パナソニック DL-EJX10
5,238円(194kwh/年)
DL-WH20
1,944円/年(72kwh/年)
東芝 SCS-T175
5,211円(193kwh/年)
SCS-S300
3,240円/年(120kwh/年)

※1 F3W,F3AWを除く

節電機能を使わないでフル使用した場合、瞬間式の方が年間2~3,000円お得となります。ただ、そこまで毎日フルで使わなかったり、節電機能の効果も踏まえると、年間1,500円程度の違いに落ち着くのではないかと勝手に考えています。仮に10年使用した場合、15,000円の差になりますので、商品価格の差と見比べながら、コストパフォーマンスの高い方を選ぶと良いかと思います。

スリムなデザインなら、TOTOの瞬間式ウォシュレットがオススメ

瞬間式ウォシュレットは貯湯タンクが無いので、貯湯式と比べてスリムな形状のデザインが可能です。TOTOの瞬間式ウォシュレット「アプリコット」は本体の高さが抑えられていてスリムなデザインです。

メーカー 貯湯式 瞬間式
TOTO ウォシュレットSB
188mm
アプリコット
99mm

LIXIL・INAX、パナソニック、東芝は、貯湯式・瞬間式ともに、本体の高さが140~160mmの機種がほとんどです。TOTOだけがここに格差を付けていて、瞬間式の方が約9cmもスリムになっています。

便利機能を求めるなら、瞬間式がオススメ

貯湯式ウォシュレットは、商品価格が安いこともあり、基本的な機能が中心となります。一方、瞬間式ウォシュレットは、節電機能や除菌・脱臭、おしり洗浄、温風乾燥、自動洗浄・自動開閉などの便利機能が搭載された機種やグレードを選べることが多いです。ウォシュレットや温水洗浄便座に充実した機能を求める場合は、瞬間式がオススメです。

貯湯式と瞬間式の比較をまとめると

比較項目 貯湯式 瞬間式
グレード ベーシック~ミドル ミドル~ハイグレード
商品価格 ○(実勢価格で1万円台の機種もあり) ×(貯湯式よりも高い)
電気代 ×(常時保温が前提なので高め) ○(瞬間的に湯をつくるので安め)
湯切れ ×(常時保温が前提なので高め) ○(湯切れしない)
形状 △(一般的な形状が多い) △~○(スリムな形状の機種も一部ある)
機能 △(基本的な機能中心) ○(グレードが上がると便利機能が充実)

ちなみに私は貯湯式の古いINAXシャワートイレを使っていますが、次に交換する時も貯湯式にします。貯湯式を選ぶ理由としては、

・おしりを洗う時に、お湯よりも水の方がさっぱりして気持ちいいので、温水温度を「切」にしていることが多い。
・冬を除けば、特にトイレが寒いこともないので、便座温度も「切」にしていることが多い。

といった所です。お湯でお尻を洗うのが少し苦手なので、「温水洗浄便座」ではなく、「水洗浄便座」をどこかのメーカーが作ってくれないかと密かに期待しています。水洗浄便座なら、貯湯式・瞬間式で迷う必要もありませんし、電気代もかからないのでお得です。好き嫌いが分かれますが、個人的には「貯湯式×水洗浄」が家計にも優しく、オススメです。

失敗しないトイレリフォーム

10年、20年に一度のトイレリフォーム。費用も安くないので、絶対に失敗したくないものです。

以下のページでは、商品の選び方から工事業者の探し方まで、ユーザーとして知っておきたいトイレリフォームに関する情報を掲載しております。ぜひご参考になさってください。

スポンサーリンク
Adsense_336×280
Adsense_336×280