食洗機と手洗いの水道代を比較

食洗機を導入するときに、初期費用の他に、ランニングコストも気になる所だと思います。今回は水道代に焦点を当てて、食洗機と手洗いの水道代を比較してみました。

食器洗いにかかる水道代は?

電気代であればワットモニターなどで簡易的に計測することができるのですが、水道代を調べるのは、特に水量を測るのが困難なので、なかなか難しいです。

お風呂やトイレを一切使わずに、食器の手洗いだけ/食洗機だけを使って、水道メーターを確認すれば水量は分かるのでしょうが、正直面倒であります。

仕方がないので、今回は仮定を置いて計算したいと思います。

水道料金の平均支払額

そもそも、みなさん水道料金ってどのくらい払っているんでしょうか。

総務省統計局の「家計調査」によると、二人以上の世帯だと、上下水道料金で、だいたい月5,000円前後といった感じでした(毎年多少の変動はありますが)。

ちなみに電気代はだいたい月10,000円前後、ガス代はだいたい月5,000円~6,0000円くらいです。

ガス代と上下水道料金がほぼ同じということですね。

キッチンで使う水は、約17%

お風呂、キッチン、トイレなど、家の中で毎日水を使っていますが、キッチンではどのくらいの水を使っているんでしょうか。

東京都水道局の「平成24年度 一般家庭水使用目的別実態調査」によると、

  • ふろ 40%
  • トイレ 22%
  • 炊事 17%
  • 洗濯 15%
  • 洗面・その他 6%

お風呂が一番で40%。次にトイレで22%。キッチンで炊事は17%となっています。

食器洗いにかかる水道代は、1日あたり16~17円

食器を洗うだけでなく、調理や、お湯を沸かしたり、野菜などの食べ物を洗うための水も含まれているでしょうから、食器洗い分は「10%」として計算してみると、

上下水道料金 5,000円/月 × 10% = 500円/月

食器洗いにかかっている水道代を、仮に月500円とします(合ってるか分かりません)。

1ヶ月30日として、500円/月÷30=16.66…円/日

このように計算すると、食器洗いにかかっている水道代は、1日あたり16~17円と推計できます。

食洗機1回あたりの水道代は?

それでは、最新の節水型食洗機で、1回あたりどのくらいの水道代がかかるのかを見てみましょう。

今回は、パナソニックのM7シリーズ ミドルタイプ(NP-45MS7S)を取り上げてみます。節水力に優れ、機能も充実した人気機種です。

この機種の特徴については、『パナソニックのビルトイン食洗機<特徴と選び方>』をご参照ください。

食洗機1回あたりの水量は、約8リットル

NP-45MS7Sの水量は、1回あたり約8リットルです。

エコナビ運転という、センサーが働いて自動的に節水してくれる機能も付いていて、このエコナビ運転を使うと最大で約6,5Lまで節水できるのですが、食器の汚れ具合や量によって水量に変動があるので、今回は「8L」で計算したいと思います。

1リットルあたりの水道料金は0.22円

水道料金は複雑で、基本料金と従量料金に分かれるまではいいのですが、使えば使うほど従量料金の単価が高くなり、また上水道と下水道で単価・料率が異なるので、なかなか計算が難しいです。

このページの最初のほうで、一般家庭の月平均支払額が5,000円くらい、というデータがありましたので、これを元に考えると、

メーター口径13mm/一般汚水として、月の水道使用量が約23㎥で、5,000円くらいになる計算でしょうか(間違っていたらどなたかご指摘ください)。

東京都水道局の料金表を参照して計算しています。

23㎥=23,000リットルとして、5,000円÷23,000リットル=「1リットルあたり約0.22円」となります。

食洗機1回あたりの水道料金は、0.22円×8リットル=1.76 → 「約2円」。

計算が正しければ・・・、食洗機1回あたりの水道代は、おおよそ2円くらいという結果となりました。

食洗機を使うと、水道代は1日あたり約4円

食洗機を1日2回(朝、晩)使うとして、1日あたりの水道代は約4円。

水道代だけで比較すると、食洗機の方が安いですね。

食洗機の方が手洗いよりコストが安いのか?

今回の試算では、1日あたりの水道代は

手洗い 16~17円 vs 食洗機 4円

という結果となりました。

水道代を見ると「やっぱり手洗いよりも食洗機の方がコストが安い!」と思ってしまうのですが、食洗機を動かすには電気代がかかります。

食洗機の1回あたり電気代と、節約(節電)のポイント』の記事もご覧になられてみてください。

個人的には、「食洗機だからランニングコストが安いということは無い」と思っているのですが、インターネット販売店などの試算では、食洗機の方が安い結果になっていたりします。

ちょっと不思議ですが、おそらくガス代を計算に含めているからだと思います。

手洗いで食器を洗ったときの光熱費の内訳が、ガス代が半分以上を占めているという、ちょっと現実離れした試算をされているような業者さんもあったりします。

冬場はまだわかりますが、真夏に、常に40℃のお湯で食器を洗ったりするんでしょうか・・・。

おそらく食洗機を売りたい気持ちが強すぎて、「食洗機の方がコストも得」、というストーリーをつくってしまっているのかもしれません。

「食洗機の方が手洗いよりもコストが安い」ではなく、「食洗機のコストと、食洗機を使うことでの利便性」を天秤にかけて、導入を検討されることをおすすめします。

スポンサーリンク
Adsense_336×280
Adsense_336×280