システムキッチンとは?

キッチンと一言でいっても、システムキッチン、セクショナルキッチン、コンパクトキッチンなど、いくつかの種類があります。ここでは、キッチンリフォームで主流の「システムキッチン」についてご紹介します。

システムキッチンとは

システムキッチンは、流し台(シンク)や調理台、収納棚・キャビネット、ガスレンジなどが、一枚の天板(ワークトップ)で一体化したキッチンのことをいいます。

下のようなイメージです。一戸建てやマンションでは、このシステムキッチンが入っている所が多いかと思います。

システムキッチンは、調理台・コンロ台・シンクなどがワークトップ(天板)で一体化したキッチンのことをいいます。

システムキッチンは、調理台・コンロ台・シンクが1枚の天板で一体化しています。

一方で、セクショナルキッチン(ブロックキッチン)というキッチンもあります。これは、調理台や流し台、ガスレンジ台が別々のキッチンのことをいいます。

下の画像をよくみると、ガスレンジ(コンロ)の右側に段差があるのが分かるかと思います。コンロ台と、その隣の調理台が分かれています。

セクショナルキッチン

LIXILのホーロー製セクショナルキッチン エクシィ。明るくエレガントな色がキッチンを際立たせます(画像出典:LIXIL

システムキッチンとセクショナルキッチンの比較

システムキッチンの方が各メーカーの商品ラインナップも多く、主流となっています。今、ご自宅にセクショナルキッチンが設置されていたとしても、システムキッチンにリフォームすることも可能です。

項目 システムキッチン セクショナルキッチン
商品の種類 各メーカーから多数の商品が出ていて、ラインナップが豊富 ラインナップが少ないので、選択肢が絞られてしまう
見た目 1枚の天板(ワークトップ)で一体化しているので、継ぎ目がなく、見た目も素敵。 コンロ台や調理台が独立しているので、それぞれの台の間に隙間ができたり、コンロとの段差が気になることも。
設備 ビルトインタイプの食洗機、ガスコンロ、IHヒーターの商品ラインナップが多いので、さまざまな最新機種から気に入ったタイプを選ぶことができます。

セクショナルキッチン用のガスコンロを付けるか、コンロ台を取っ払って、ビルトイン対応の枠付き収納庫+ビルトインコンロを付けるなど、設備交換も少し手間がかかります。

システムキッチンの設置形態

大きく、「壁付」「セミオープン」「オープン」の3つの設置形態があります。

壁付け

壁にくっつけてシステム・キッチンを設置します。調理に集中できるというメリットがありますが、調理中にリビングにいる家族とコミュニケーションしにくいデメリットもあります。

対面(セミオープン)

リビングと対面型にシステム・キッチンを設置します。カウンターや壁などでリビングとの仕切りを入れることで、リビングからある程度キッチンを隠すことができます。対面なので、家族とはコミュニケーションがしやすいです。

対面(オープン)

キッチンとリビングに仕切りをいれずに、オープンにした対面レイアウトの形態です。開放感があり、リビング・キッチンの一体感が出ますが、調理中のニオイがリビングに届いたり、リビングからキッチンが丸見えになるというデメリットもあります。

システムキッチンの型

システムキッチンには「Ⅰ型」「Ⅱ型」「U型」「L型」といった型があります。

基本的には、現在設置されている型と同じものを選びます。キッチンのスペースによっては、別の型に変更してリフォームできることもありますが、同じ型への交換よりは工事が大掛かりとなります。

システムキッチンには、Ⅰ型、Ⅱ型、L型、U型などの型があります。

スポンサーリンク
Adsense_336×280
Adsense_336×280